<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Wine and more

昨年、飲み仲間に誘われて受験をし、さすがに受かるだろうとおもってたら二次のテイスティングで落ちるという大失敗をして、2年がかりになっちゃったワインエキスパート試験(ソムリエ試験などと、サービスの実技がない以外は基本同じコンテンツなのですが、ビジネスには役にたたない、単なるのん兵衛の証。笑)を今年はパスしたので、ワインの話。

a0225690_941517.jpg


これはオーパスワン。きれいに整備されたワイン畑。

More
[PR]
by lat22n | 2012-10-28 09:47 | Think

Taiwan

台北の町を歩いていると、ゆるゆると、緊張がほどけていくのを感じる。
海外暮らしとあちこちへの出張の間で、知らず知らず肩をはっているらしい自分が、こういう感覚を持つ場所はとても珍しい。

a0225690_20352532.jpg


(Eva Air のチェックインカウンター。このエアラインのセンスは、今いち理解がしがたい。。。)

香港や中国本土在住の日本人には、台湾にいくのが好きで良くでかける、という人が結構いる。
食べ物も似てるっちゃ似てるし、カルチャーもそれほど大差ないし、それがなぜだかわからなかったけれど、今回3年ぶりに台湾を訪れて、香港との比較の視点ができ、ほかの中華圏にはまったくない居心地の良さを再発見した。

More
[PR]
by lat22n | 2012-10-23 01:55 | Travel

Ho Chi Min/Saigon - Vietnam

世界中、どこに行っても、ああ、遠くに来た、という感覚がなくなってしまったことに気づいて久しい。

初めて一人で海外にいったときのあの緊張感。初めてスペインからアフリカにわたって、モロッコでフェズの町におりたったとき、みなれない光景の中、違う肌の色の人たちに囲まれて、どうしよう、すごく遠くにきちゃった!という、心細い気持ち。
別の国にいくってあんなに、特別なことだったのに。自分の感受性が鈍ったのか心配になるくらい、最近はどこに行っても、地球の続きだな、と感じる。
単純に旅なれたのと、残念ながら年をとったってことなのだろう。

a0225690_157513.jpg


とはいえ初めての国はやはり新鮮だ。今回はベトナム。香港からはひとっとび、2時間以内。ほぼ国内感覚である。
(写真は  人民委員会庁舎とホーチミン像)

More
[PR]
by lat22n | 2012-10-15 21:14 | Travel

Discovery Bay to Mui Wo - summer in hong kong #3

まだまだ日中は30度超えの香港だが、この2週間ほど、湿度がさがり、ぐっとすごしやすくなった。

引っ越した家の風通しがいいのもあって、ここ数日は、一切冷房も使わないですごしているし、朝夕も徒歩通勤している。10月いっぱいはプール・ビーチの季節なので、夏を惜しむように休日はアパートのプールに日参しているのだが、プールサイドも夕方近くなると肌寒いくらいになった。

a0225690_14414423.jpg


そんな中、独楽鼠のようにジムのトレッドミルを走るのも飽きて、そろそろトレッキングとか行ってもいいかと思い立つ。トレッキングって、どう考えても米文化だが、コンクリートジャングルで息のつまった米人Expatあたりが躍起になって開拓したんじゃないだろうか。香港全土にくまなくトレイルコースが張り巡らされている。そもそもは亜熱帯の緑濃い島のことで、意外なほど自然にアクセスが良い。

道連れに、出張で日本から来ている中学の同級生に声をかける。初心者らしく簡単なコースをトレッキングにせっせと行っている風な友人に聞いたり、調べたりしながら、まだ行ったことがないDiscovery Bayを基点に、山を越えてMui Woまで行くコースをえらぶ。丁寧に道順を写真つきで説明しているサイトをiPhoneに仕込んでお出かけ。

More
[PR]
by lat22n | 2012-10-11 23:20 | Hong Kong

Macau

マカオは、日本での知名度に比して、香港の人からは「ふーん、、、」と言う感じの微妙な観光地、だとおもう。

a0225690_13202056.jpg


ここに集う中国人観光客は、ほとんどが大陸の人。同じ欧州列強植民地だったにしても、経済発展という意味で大きい差がついた今、香港から格下と見られているかんじは否めない。
大型のカジノホテルがアミューズメント施設に力を入れ始めたここ数年で普通の人も遊びに行くようになったが、それまでは、マカオにしょっちゅういっている、とかいうとちょっと堅気じゃないようなやばい人って見られたような、そういう場所だったそうだ。

先日FTでさらっとよんだが、マカオの収入はハイローラーとよばれる高額ギャンブラーに依存している。ギャンブル売上のうち2/3がVIPが占めていて、どういう人たちかというと、中国の役人や中国国営企業の役員が多いらしい。
カジノの一角には、まさに鉄火場、というような、目つきの違う人たちが集う場所や、別室のVIPルームがあるのだが、垣間見える最低掛け金が2万ドルだったりする(20万円)。しかも、そういう人たちの見かけが、失礼ながら洗練されておらず、あまりお金を持っている風でもないのが不思議だったのだが、そういう形での役人の接待だったりするらしく、なんというか、中国の内なる不均衡の一端を垣間見る場所だ。
しかし、今年に入って中国の景気低迷が明らかになってVIPの売上の成長率は大きく低下しており、カジノはホテルでの飲食やショッピングやら、ハイローラー以外の客、いわゆるミディアムローラーの取り込みに躍起になっているそう。
Las Vegasがたどったのと同じ道ですね、と友人がいっていたが、まあ、そういうことなんだろう。

(ちなみに、一連の領土問題の直後の訪問のときは、本土からの観光客の多さから、私は日本語で話すのに気を使うなど、結構神経質になっていたのだが、よく考えれば、不満を持っているような労働者階級の人が、マカオに旅行なんて、来ないんだと思う)

何にしろ、お手軽なリゾートであるには違いなく、日本からの友人のリクエストやなんだで、この1年間で何度もいった。うん、なんというか、マカオはもう一生分行った気がする。笑。

More
[PR]
by lat22n | 2012-10-08 22:07 | Travel

Sai Kung -summer in hong kong #2

香港近郊の街の中で、私は西貢が一番すきだ。

a0225690_13492312.jpg


位置づけ的には東京から見た江ノ島的な場所と認識しているが、StanleyやRepulse Bayほど気取っておらず、お祭りのようなにぎやかさと、のどかさ、ほどよいローカル加減が良い。
なんだか、いつか来たようなノスタルジーを感じさせる場所。Expatも数多くいるだけにちょっとしたBarやレストランにも事欠かないが、ビーサンでどこでも出かけられそうな手軽さ。

仲良くしてくれている香港人の女性が西貢出身で、よくいろんな集まりによんでくれたのもあり、今年の夏だけで数回訪れた。旺角の行き先がかいていないバス停からミニバスで行く手段も身につけたし。笑 

More
[PR]
by lat22n | 2012-10-04 13:50 | Hong Kong


Tokyo - San Francisco - Tokyo - Hong Kong


by lat22n

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
About
Hong Kong
Think
Eat
Read
Japan
China
Travel
Career
未分類

最新の記事

Next destination
at 2014-10-19 16:21
Last visit
at 2014-03-16 13:16
Hatching Twitter
at 2014-02-24 23:04
Happy New Year
at 2014-01-01 18:39
Leaving Hong K..
at 2013-12-23 20:30

以前の記事

2014年 10月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

ウォールストリート日記
From Mayfair

外部リンク

過去ログ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログパーツ