カテゴリ:Travel( 18 )

Bali

先日、香港の三連休で久しぶりのバリにいった。香港からは片道4時間半、日本に帰るのと同じ距離感である。
バリにいくよといったら「そういう普通のところもいくんだ!」と日本の友人に感心された。あの、別に、そんな、辺境トラベラーってわけでもないんですけど、わたし。。。

a0225690_13114270.jpg


バリは素敵なホテルもレストランもどんどん増えているのに相変わらず道はぐちゃぐちゃで歩道はまったくきれいにならない。お店からお店の移動とか、暗いと足元が非常にあやしい。
自動車道も整備されないのであちこちで渋滞で、島の中の移動にはやたらと時間がかかる。
ウブドのような山の中のアジアらしい光景、クタやヌサデゥアのビーチ、セミニャックの洗練されたレストラン、北部の小さな村、ひとつの島にこういういろいろな要素が存在することが本来はバリのよさなのだけれど、渋滞によるアクセス問題で1回の滞在であちこち行くのは相当難しい。

つまり持っている素材をフル活用することをまったくしていないインフラ適当観光地なのだけれども、それでも観光客は大量に押し寄せるし、まあいいか、という感じなんだろう。資源国インドネシアっぽい余裕ともいえる。

空港は、先日APECがあったおかげで新しくなってきれいだったけれど、あちこちに「工事途中で完了しませんでした」感が満載。これは、たぶん、次に大きなイベントが開催されるまで完了しないのだろうね、とインドネシアに長い友人は苦笑していた。

More
[PR]
by lat22n | 2013-11-03 13:16 | Travel

Bhutan - Sightseeing

夏の旅行はブータンへ。
やたらと、空が近い場所だった。

a0225690_2344849.jpg


ブータンというと、Gross National Happinessの国、やたらイケメンな若い王様のいる国、というのが一般的な日本人の印象だろうし、私もそれ以上のイメージはなかった。
国土は全部で九州くらいの広さだが、山に張りついていて、人がすむところはなんとなく少なさそう。ガイドブックによれば人口約70万人。これは鳥取より多く、島根より少し少ない。って、よくわかるような、わからないような感じだが、人口密度はかなり薄い。

More
[PR]
by lat22n | 2013-09-23 23:15 | Travel

Yangon, Myanmar

アジア弾丸週末旅行シリーズ。今回はミャンマーに。

a0225690_11243980.jpg


ヤンゴンのランドマーク、Shwedagon Paya. 夕方ぐらいが一番美しい。

去年からミャンマーに行く人が周りで本当に多い。投資関係者から会計士までぞろぞろみんなで詣でているので、ちょっとどんなものかみたくなった、というのが今回のきっかけ。

観光でいくのならば、本来少なくとも1週間はとって、ヤンゴン、仏教遺跡のバガン、インレー湖、などを周遊するのがメジャーなコースだが、今回はHello Myanmar、ということで、ヤンゴンに2泊し、市内観光とヤンゴンから車で1時間半ほどの仏教遺跡の街、バゴーだけの観光にした。

ヤンゴンだけであれば、Dragon Airが直行を飛ばすようになり、香港からは3時間程度でつくので、十分週末旅行が可能な圏内。しかも、行きが香港夜9時発、帰りが、ヤンゴン夜中1時発、なので、体力に自信さえあれば金曜夜に出て月曜朝方に帰ってくることも可能。でもって、私たちは今回その弾丸プランを実行した。
帰りの便は5時半に香港につき、これはつらいなぁ、と思ったが、家で1時間だけねて会社にいったらわりと大丈夫だった。

ちなみに、ミャンマーの時差はインドと同じで、なぜか0.5時間単位でずれている。香港との時差は1.5時間。これが、すごくわかりにくい。。。

More
[PR]
by lat22n | 2013-08-12 00:21 | Travel

Phnom Penh, Cambodia

ちょっと前にいったカンボジアのことを、写真を取り込むのをサボっていてかいていなかった。
ということで、最近、東南アジア旅行ブログ化していており、君は本当に仕事をしてるのか、といわれそうだが、ほとんどが週末1泊でいっておりまして、かように香港に住むとアジア諸国は本当に近い。
(とはいえ、さすがに6月は出歩きすぎて若干疲れ気味。)

a0225690_19245629.jpg


たいていは家族か友達を旅行に巻き込むのだが、そのときはあまりに急に決めすぎたため、一人でふらっとカンボジアはプノンペンに週末でかけた。

一人旅をする人としない人がいる。友達に、一人旅は感動を分かち合う人がいないから旅の印象が残らなくない?といわれたが、それは一理あって、私はそういう時、文章に残して埋めようとするようだ。逆に、家族と一緒にいった旅行などは、あまりブログに長々と残さない傾向がある。大体、誰かに伝えたいようなことはその場で消化してしまうからだろう。逆に、Planningを誰にも任せられず、その国のことをいろいろ考えたり調べたりしてよく考えるのは一人旅ならでは。まあ、ある意味非常に贅沢な時間の使い方だとは思う、プライベートの一人旅は。

プノンペンには香港からはDragon Air(Cathay系)が直行を出している。日本からは、アンコールワットがあるシェムリアップに行く人は多いのだろうが、プノンペンは割りとマイナーかもしれない。

More
[PR]
by lat22n | 2013-07-11 05:00 | Travel

Luang Prabang, Laos

米国東海岸を出て55時間。予定から1日遅れでラオスに到着。

a0225690_927334.jpg


ラオスがどこに位置するか、白状すれば私も今回旅行するまで自信なかった。ベトナムとタイの間に存在する山がちな国。インドシナの一国としてフランスに植民地化され、その後も20世紀を通して大国に振り回されてきた歴史。国土にはベトナム戦争に巻き込まれた際の不発弾がまだ多く残るという。
海に面していない、資源も豊富でない、人口も多くはない(広さで言うと1.4倍くらいのベトナムが9000万人ちかい人口をかかえるところたった600万人台)、それゆえに経済発展に突き進む周辺国の中でちょっと取り残されつつある、そんな位置づけ。

世界遺産ルアンパパーンは昔のラオスの王朝があった山の中の古都なのだが、欧州資本のホテル、レストラン、ブティックが点在し、東南アジアの小さな田舎の町にして、驚くほど洗練された場所であり、かつ、外国人の夢見る古きよき東南アジアである。人々は控えめに微笑み、空は澄み切って、川を渡る風が心地よく、どこからかChantが聞こえる。
東南アジアの都市圏のいきつく間のない喧騒とは無縁(上述したとおり、人口少ないので、静かなのだ)。一方で街のレストランやホテルは、旅慣れした旅行者にも満足がいくハイレベルなものがそろう。
たどり着くまでに滞在時間以上の時間をかけてもくる価値はあるかと思うが、できればゆっくりしたいところではあった。

しかし、私にあたえられた時間は24時間。。。

More
[PR]
by lat22n | 2013-07-07 09:44 | Travel

Hanoi to Luang Parabang

朝起きた後、せっかくハノイまで来たのだから一瞬観光くらいと、観光名所の湖の周りをぐるっと散歩した。

a0225690_05895.jpg


強い日差しや、植民地時代の建物が放置されて100年以上して現地の風景に溶け込んでいるあたりが、南米を少し思い出させる。
湖の周りでは朝早くから地元の人たちが楽しげに語らっており、活気に満ちているのだが、朝早くからねっとりと暑い。

More
[PR]
by lat22n | 2013-07-03 00:10 | Travel

Hanoi, Vietnam

いろいろ予定が狂った結果として、なぜか今、ベトナムはハノイにいる。

この週末は香港は3連休で、世界遺産の小さな町、ラオスのルアンパパーンに行く予定、だった。日本では知名度が低いが欧米人旅行客に絶賛されるゆるりとした空気の町で、久々に喧騒をはなれ連休をのんびりして過ごす、、、はずだった。
のだが、たどり着くのに難儀している最中である。


a0225690_224597.jpg



ふらっと近所のカフェにはいる。白ワインのグラスは今日はもうない、といわれて悲しかったがビールでがまん。その辺のカフェのクオリティがそこそこ以上な点では、ベトナムの食文化はアメリカ東海岸などはるかに凌駕しており、そこには毎度感じ入る。

More
[PR]
by lat22n | 2013-06-30 02:04 | Travel

Singapore again

先日行ったシンガポールでは猛烈なHazeが押し寄せており、どこかから帰って来て香港の方が天気がいい!と珍しく驚くかんじだったのだが、帰ってきてあらためてニュースをみていたところ、一時は16年ぶりという最悪な大気汚染となったそうだ。

その後、風向きが変わったりして1週間ほどでだいぶましになったらしいが、Hazeはシンガポールで定期的に問題になる環境問題で、インドネシアの焼き畑農業に端を発しているが、今回はスマトラの森林火事によるもの。そちらが鎮火しないとその後もこの状況は続くとかで、インドネシア政府とシンガポール政府の間で政治問題にまで発展し“Singapore should not be behaving like a child and making all this noise,” とかインドネシアの環境大臣がいっちゃって、我が国の暴言政治家もびっくりだな、とおもったら、大統領があやまったりしてた。 今はシンガポールが優等生顔で「どこの農園で違法な焼畑がされてるんだ」とインドネシアを締め上げているという模様。

a0225690_533841.jpg


砂塵で霞む奇妙な形の建造物を仰ぐ。風水信仰で、竜が通るためとかって巨大な穴とかあいてる香港のビルもたいがいだが、シンガポールも、赤道近いせいか、設計した人はちょっと天気にやられていっちゃてるんだろうか?という奇妙な建物が多い。

More
[PR]
by lat22n | 2013-06-29 05:39 | Travel

Kota Kinabalu, Malaysia

香港在住で日本と米国と主に仕事する、という采配でたまに悩ましいのが休日カレンダーである。

a0225690_15125210.jpg


国民を強引に休ませるかのように多い日本のPublic Holiday以上に、中国と西洋の休みの両方を欲張る香港の休みもなかなか多く、暇であれば、香港の休みは権利としてしっかり休み、日本やアメリカの休みは仕事のトラフィックが減るのでそこもつなげて長い休みを取る、ことが可能なのだけど、一方ディールが動いていたりすると頭が痛い。要領の悪い私は、香港の休み中はそんなこと知らない勢いで届くメールを始末しつつ、他国の休みの間はそっちはワーキングデイだから進めておいてという、不のスパイラルに簡単にはまりがちである。

結局、香港カレンダーの休みはあきらめて出張にいったりして、その休みを別のところに寄せて休んだりしている。そんなわけで日本で言うところのゴールデンウィーク前半に少し休みをとり、マレーシアはKota Kinabaluにいってきた。

More
[PR]
by lat22n | 2013-05-03 15:18 | Travel

Singapore

出張が多ければ疲れる、時差ぼけがしんどい、もう飛行機のりたくないとぶーたれるわけだけど、
来客があったり、出張予定が延期になったりなんだで、珍しくしばらく香港にいる週末が続いたら、今度は突然ある日「もう今週末は絶対香港にいたくない!!!」というポイントが訪れた。。。

a0225690_11115755.jpg


香港では、1月から20度前後のマイルドといえばいいけど、プールにはまだ入れない中途半端な気候がずっと続いてて
空はPPM2.5もまじってるのか、やはり排気ガスなのか、ずっとなんとなーくうすグレーですっきりとは晴れず、
湿度が高くてなんかじとっとしてて。
そんな気候はなんだか息苦しくて、ジム行ってちょっと仕事して本読んで、夜は友達とご飯を食べる、、、そんな健康的な週末にもすぐ飽きて。

やはり香港は、外を飛び回るの前提ですむ町なのかもしれない、外国人には。
どんなに出張ばかりいっていても、月に一度は必ず家族をプーケットやらニセコやらにつれていき、長い休みにはかならずアメリカに帰るボスをみていて、疲れないかなー、よくやるなー、と思っていたのだけど、冗談めかしていうにはずっと香港にいると奥さんの機嫌が悪いんだそうで、、、それも、なんか、わかる気がする。
いい年した外国人たちがクレイジーに飲み歩いてて「いや国にいるとこんなことしないんだけど、ここではそれ以外することないから」とかいうのも、この小さな島の小ささを忘れる方便なのかもしれない。

そんな中でシンガポールに弾丸高飛びしたところ、意外なほど気分転換になった。飛行機4時間。日本に行くより少しちかいくらい。

More
[PR]
by lat22n | 2013-03-18 23:10 | Travel


Tokyo - San Francisco - Tokyo - Hong Kong


by lat22n

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
About
Hong Kong
Think
Eat
Read
Japan
China
Travel
Career
未分類

最新の記事

Next destination
at 2014-10-19 16:21
Last visit
at 2014-03-16 13:16
Hatching Twitter
at 2014-02-24 23:04
Happy New Year
at 2014-01-01 18:39
Leaving Hong K..
at 2013-12-23 20:30

以前の記事

2014年 10月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

ウォールストリート日記
From Mayfair

外部リンク

過去ログ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログパーツ