Fragrance Party

ヨーロッパから遊びにきた友人の友人で、プロの調香士の女性が、「香水についてちょっとお勉強しながら自分で香水を作ってみよう」という素敵な集まりを企画してくれた。

ちなみに、そこで仕入れたちょっと素敵な小ネタ。香港の名前の由来(として有力なもののひとつ)は、ここは香木を輸出する港だったから、なんだそうだ。すんでいると、香港のにおいって、中華料理と排気ガスと、あまりかぐわしいものではないけれど、本来は、香りの港なんて、本当にきれいな名前の街だなあ、と改めて気づく。


a0225690_22329100.jpg


(18世紀ヨーロッパのアンティークというかわいらしい香水瓶。忘れていた少女心?をくすぐる)



レクチャーを受けながら、各種精油と香水をお試しし、自分の香水ヒストリーも振り返る。母はずっとシャネルの5番をつかっていて、幼心にクローゼットから漂うその匂いにわくわくした。初めて自分で買ったのはディオリッシモ。すずらんの可憐な香りのフレグランスなのだけど、男の子に石鹸くさい、とかいわれてショックでつけなくなった。大学生になったころに流行った香水はいろいろ試していて、シャネルのアリュールとか、CKとか、ラルフローレンのサファリとか、自分がつけていたり身近にいた人がつけてたり、なんと言うか記憶をくすぐる。

香りって素敵だけれど、難しい。つけすぎると周りには迷惑だし、自分では感じなくなってしまうし、なかなか怖いアイテムでもある。日本でいたオフィスでは、あなたの後にはけものみちができるんじゃないか?というような、むんむんの香水(あれは、エゴイストだったのかなぁ。。。)を夕方になるとつける男性がすぐ近くの席にいて辟易し、あれはやっちゃあかんよな、と思った。

一方で、いい匂いがするね、といわれるとうれしいものだし、自分の経験からも、香りってすごく印象や気分に直結するものだと思う。女友達とタクシーに乗り合わせ、ふっといい香りがすると、いい女!と尊敬するし、ルームフレグランスに一時期こった結果、私の香港の狭い家にはもったいないほどたくさんのJoe Malone のデフューザー、キャンドル、ルームスプレーがあるのだけど、出張から帰って来てまずドアを開けてふっとその香りをかぐと、帰ってきた感がしてとてもほっとする。

私は大学時代後半くらいからずーっと同じ香りを使い続けている。癖もなく、誰からも悪くいわれないし(洋服とか買っていて、お店のおねえさんに、これどこの香水ですか?と聞かれる率は割りと高い)安心なのだ。今回のイベントでも、時代を席巻したクラシックのひとつ、として紹介されたもののひとつだった。
ただ、本来は、香りは朝と夜でも、季節でも違うものを纏うものなのだそうだ。冬のヨーロッパでは、情熱的でふくよかなパフュームを。暑いアジアでは、さわやかさが際立つオーデコロンを。そう聞くと、いろいろ試したくもなってくる。

今回、イベントで試させてもらったので気に入ったのは、Serge Lutens のfeminite du bois。上品な大人のかおり。カジュアルにはカルティエのbaiser vole もいいかも。ただ、実際に身に着けてみると印象も変わるので、まずは試してみるしかないのだけれど。

レクチャー後、フレグランスのボトルの山から好きに調合してみて、といわれ、トライした調合はことのほか難しかった。好きな香水にどういうものが使われているかを参考に、さわやかなトップノートに、フローラルなミドルノート、そして少しオリエンタルなボトムノート、を目指したのだけれど、最後に色気が足りないと感じてよくばったイランイランが仕事をしすぎて、出来上がりは「わあ、なんか、マダムだなぁ。。。」というむんむんなものになってしまった。難しいな。

でも、香りは楽しい。臆せず、賢く、付き合って行きたい、と思わせてくれた。
ちなみに主催者の方のサイトがこちら。 近々東京でもイベントがあります。この、トップページのジャスミンのキャンドルも以前買って愛用中。
[PR]
by lat22n | 2013-11-10 02:52 | Hong Kong


Tokyo - San Francisco - Tokyo - Hong Kong


by lat22n

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
About
Hong Kong
Think
Eat
Read
Japan
China
Travel
Career
未分類

最新の記事

Next destination
at 2014-10-19 16:21
Last visit
at 2014-03-16 13:16
Hatching Twitter
at 2014-02-24 23:04
Happy New Year
at 2014-01-01 18:39
Leaving Hong K..
at 2013-12-23 20:30

以前の記事

2014年 10月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

ウォールストリート日記
From Mayfair

外部リンク

過去ログ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログパーツ