Dragon Boat Festival

最近、非常に活動的な友人が日本から越してきて、ものすごい勢いで香港のあらゆるアクティビティに参加するのにさそってくれる。
何年かいるつもりなのに、そんな勢いでうごいていると、娯楽の少ないこの島のあそび、初年度で全部やりつくしちゃって暇で死にそうになるよ、、、ともおもうのだが、そんな流れでDragon Boat Festivalを見にいってきた。

a0225690_354445.jpg


お付き合いのある法律事務所もみなさん出場されてて、ずらっと知ってるファームの旗をつけた船が並ぶ。先生方、いつもお世話になっております。。。

Dragon Boatは日本で言うと漕艇部、とかのお兄さんたちがやるような、細長いボートに複数人で乗り込んで速さを競うものである。この6月の大会に向けて、香港中でいろんな会社の有志や友人同士で組んだチームが練習を重ねているのだが、チーム競技なだけあって、参加にはかなり高いコミットメントが必要らしい。
私たちは、見る専門。めちゃくちゃに混む上、ちょっと遠くからの見物になってしまう浜辺からではなく、ボート上からの観戦を申し込んだ。ランチとドリンクつき。こうなるとほとんどBoat Tripと変わらない。



a0225690_39860.jpg


この、太鼓たたく人だったら私やってもいいな。会社のボスとかに漕がせて自分は太鼓たたくの、けっこうよくない?などと友人と馬鹿話に興じる。

知らない人同士で乗り合わせた船だが、お酒を片手に観戦していれば自然と言葉を交わすようになる。私、Quarter Japaneseなのよ、という上品な女性が話しかけてきた。シンガポール出身で、おばあさんが日本人。香港の大学でビジネスを教えている。私日本語はしゃべれないのよ、と恥ずかしそうにいいながら、自分のおばあさんのお父さんが、日本のGeneralでシンガポールにいたこと、敗戦時に帰国する際、道中の無事を案じ、押さなかった娘をシンガポールの友人に託し、1年以内にもどってくるといって船にのったこと、そしてその後2度と連絡はつかず、彼女のおばあさんはシンガポール華僑に引き取られて育ったということ、をぽつぽつと話してくれた。

「日本語はね、もうよくわからないのだたけど、日本のテレビを見るのが本当にすきでね。今年78歳になったのだけど、結局一度も日本にかえっていなくて、一度連れて行ってあげたいのよね。幸いまだ元気なのよ」

こんなとき、it is so touching... としか語彙のない、自分がいやになる。こんな、映画の原作みたいな話が、アジア中そこらにごろごろしているのだろう。

a0225690_32021100.jpg


お酒をのみ、食事をし、甲板でちょっと昼寝し、気が向けばレースを応援し、雲の多い長い一日がくれていった。
肌寒くなり、船から浜辺への小船を呼んでもらい、家路に着く。

で、ふときづいたのだが、そもそも、今日って、誰がかったんだろう??
[PR]
by lat22n | 2013-06-13 03:25 | Hong Kong


Tokyo - San Francisco - Tokyo - Hong Kong


by lat22n

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
About
Hong Kong
Think
Eat
Read
Japan
China
Travel
Career
未分類

最新の記事

Next destination
at 2014-10-19 16:21
Last visit
at 2014-03-16 13:16
Hatching Twitter
at 2014-02-24 23:04
Happy New Year
at 2014-01-01 18:39
Leaving Hong K..
at 2013-12-23 20:30

以前の記事

2014年 10月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月

最新のトラックバック

検索

フォロー中のブログ

ウォールストリート日記
From Mayfair

外部リンク

過去ログ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログパーツ